開業

1/3ページ

オープンして1年経たずに価格を全て変えた理由

3周年を迎えた現在、アウトプットの一環として、オープンからこれまで実行してきた内容を振り返りながらコンテンツを作成しています。   現在は客単価やリピート率も目指す数値に届き、安定して推移する様になりました。   振り返っているうちに、オープン1年目で価格やメニューを全て変えていた事に改めて気づきました。   当時は全て変えたつもりは無かったのですが、必死で考えて取り […]

トップスタイリストでなくてもリピート率が上がる方法

美容室は顧客と美容師が組織から離れなければ必ず伸びていくビジネスです。   それには、スタッフがお客様をリピートさせる事ができなければなりません。   美容師として優秀なスタッフであれば、何も言わなくても高いリピート率を維持できますが、優秀なスタッフは組織から離れる確率も高くなります。   そこで必要なのは、技術が優秀なトップスタイリストではないスタッフのリピート率を […]

割引集客についての考え方〜メルマガ追記〜

こんにちは。坂本です。   ここ最近、SNSなどでも”脱クーポンサイト”を提唱しているオーナーさんが増えているように感じます。   かくいう私自身も、クーポンサイトメインの集客から自社ホームページ集客に移行してきた経緯があります。   これまで、クーポンサイト経由のお客様は客単価やリピート率が下がる傾向が強かった事から 高単価サロンを運営するに […]

今すぐできる単価アップ法〜メニューの見せ方〜

こんにちは、坂本です。 利益の残りやすい経営をしていく上で、まず取り組むべきは客単価アップです。 今回は、今すぐできる客単価アップの方法をお伝えします。   それは 売りたい順番でメニューを並べる というものです。   客単価は大きく分けて   ・新規客の単価 ・既存客の単価   この2つに分けられます。   この2つのうち、すぐに客単価を上げやす […]

今すぐ取り組める、美容室で客単価15,000円の新規客を集める為の最初の一歩

  美容室において、新規集客は大きなテーマとなります。   オープン当初で客数を増やしていく必要がある場合はもちろんのこと   ・経営方針の変更に伴うシステム変更 ・スタッフの入れ替わり ・引っ越しなどの自然失客   このように、美容室において新規集客は常に必要になります。   新規集客というと、初回ご来店時は価格を下げ、徐々に通常価格にしていくと […]

お正月に思い描いた状況が年末に現実となる3つの目標設定方法

  2020年が始まりましたね。   新しい年も充実した1年にしていきましょう!   新しい年が始まると、必ず行うのが目標設定です。   これまでに   「正月には”よし、やるぞ”と気合い入れたものの、結局達成できなかったな~」   という事はなかったでしょうか?   私は、これまでにそんな事が何度もありました。 & […]

年末に「売上の増減」や「他サロンとの比較」で一喜一憂してはいけない理由

  店舗を運営していて常に追う数字の一つに「売上」があります。   月末や年末になると、一つの区切りとして売上の数字が出てきます。   特に、年末は1年の締めくくりにもなり、美容室にとっては繁忙期ですので売上額を意識する事が多くなります。   しかし、売上の金額が先月より上がった(下がった)、昨年より上がった(下がった)など、その増減に一喜一憂する必要はあり […]

家族との時間を大切にしたい美容室オーナーが注目すべき3つの働き方

  美容師はサービス業ですので、土日休みの仕事と比べて週末に家族との時間が取れない事が多くあります。   私自身も雇われていた頃は土日は休めないのが当たり前でしたし、開業してしばらくは土日に休む事はありませんでした。   美容師であればそんなのは当然で疑う事すらありませんでしたが、子供が生まれて家族が増えたのがきっかけでその考えは大きく変わりました。   今 […]

失客をせずに美容室の経営改善を成功させる2つの方法

  もし、あなたが今現在の経営状況を改善したい場合   ・今より客単価を上る ・リピート率を上げる   このような目標を達成する必要があります。   そして、具体的な対策は   ・メニュー改善 ・価格変更(値上げ) ・次回予約率アップ   このような対策が思い浮かびます。   しかし、それと同時に「対策を取ることで失客をしてしま […]

オーナースタイリストの売上が下がった時こそ考えるべき2つの選択肢

  「今月ヒマだったなぁ・・・」   月末に売上表を見ながら思わずこんな風に呟いてしまったことはないでしょうか?   特に少人数の小さなサロンの場合、オーナースタイリストの売上が月の店舗売上の増減に影響する事がほとんどです。   ・失客してしまったのか ・来店周期が伸びているのか ・客単価が低いのか   このように、思わず売上が下がってしまった原因 […]

1 3