「客単価アップ対策」と「これからのコロナ時代に必要なもの」2つの共通点とは?

「客単価アップ対策」と「これからのコロナ時代に必要なもの」2つの共通点とは?

私は、以前より客単価アップが重要であるという事をお伝えしています。

 

2ヶ月前から世界中の状況は一変し、めまぐるしく変化を続けています。

 

ここでコロナ以前の成功例を挙げても、そのまま現状に当てはまるとは限りません。

 

しかし、確かに状況は変わってはいますが、同時に重要な共通点も見えてきました。

 

 

客単価アップのプロセスにおいて重要な事

 

 

客単価を上げるというのは、ただ単に価格を上げる事ではありません。

 

客単価アップの際に1番最初に考えるのは、どんなお客様に喜んでいただくのかという事です。

 

その次に考えるのが、そのお客様に喜んで頂く為の商品やサービスの内容であったり、その提供の方法を考えていきます。

 

客単価が高いというのは、店舗にとって優良なお客様が多いという事になります。

 

ここで言う優良なお客様とは、価格以外の価値を感じて通ってくださる方です。

 

なぜ、価格以外の価値を感じて通ってくださる優良なお客様が多いのかというと、シンプルに「価値を伝える作業」を行う回数が多い事が挙げられます。

 

例えば

 

カット 4000

ヘッドスパカット 7000

 

この2つの違いを伝えるには、ヘッドスパのメリットを伝えるのが自然です。

 

そうする事で、ヘッドスパに価値を感じるお客様が増えていきます。

 

優れたカット技術が共通であるとすれば、ヘッドスパに価値を感じる7000円のお客様が増えることで客単価が上がります。

 

このように、客単価を上げようとすると価格以外の価値を伝える機会が自然と増えていきます。

 

これは、既存のお客様へ価値を伝える事もそうですし、新規のお客様を集める際にも言えることです。

 

この例では、ヘッドスパの価値を伝える機会が増えれば増えるほど客層が変化し、客単価に影響してくるという事になります。

 

 

これからのコロナ時代に必要なもの

 

 

たとえ時代が変わり、形が変わったとしてもお客様にとって価値のあるものは必ず存在します。

 

・今現在来店していないお客様

・今来店しているお客様

・今現在引っ越してきたばかりで美容室を選びきれない方

 

このように、様々な状況の人に向けて価値を伝える努力をしていく必要があります。

 

将来的に客単価アップにつながる可能性も十分ありますし、価値が伝わる事で来店や再来店のきっかけにもなります。

 

このように、客単価アップのプロセスで必要だった「価値を伝える事」は、これからの時代も益々必要になる要素です。

 

 

この先必要なスキル

 

 

また、この先は伝える手段も様々な方法を取っていく必要があります。

 

ホームページやブログ、SNS、動画のようなオンラインコンテンツから、POPやレターのようなアナログなものまで、得意、不得意関係なく、様々な事に取り組む必要があります。

 

その全てに共通する文章力(ライティングスキル)はとても重要です。

 

ライティングというと、とても難しそうに感じるかもしれません。

 

しかし、実はそこまで国語力がなくても、コツさえ掴めれば誰でも身につきます。

 

これからの時代に備えてこのようなスキルも磨いておく事をオススメします。

 

店舗の利益を最大化させる「3つの手順」 & 「明日から実行できる15の行動リスト」を無料プレゼント!

  • 客単価が10000円にとどかず、新規リピート率も50%以下
  • 雇用したスタッフに週休2日あげられない
  • つい、目先の売上を追って営業時間外の予約も受けてしまう
  • 家族との時間を犠牲にしている
  • 現在1人営業でこれからスタッフを雇用したい
  • オーナーを含めて2~3人規模で1人当たりの生産性が60万にとどかない

という方は、LINE@にご登録ください。

店舗の利益を最大化させる「3つの手順」 & 「明日から実行できる15の行動リスト」を無料プレゼントいたします。