間違いやすい”値上げ”と”客単価アップ”の関係

間違いやすい”値上げ”と”客単価アップ”の関係

利益の残る経営をするには、まず客単価を上げる必要性があるというお話をすると、、、

 

・お客様に「高い」と思われる

・今いるお客様を失客するかもしれない

 

このように感じてしまう事があります。

 

そこで、今回はディズニーランドの例を参考にしていきます。

 

 

値上げに伴う客数の推移

 

 

下の表からも分かるように、ディズニーランドでは毎年の様に値上げをしています。

 

2010年には5,800円だった入場料が、現在は7,400円になっています。

 

そして、それに伴い利益も右肩上がりになっています。

 

それに対し、客数はというと、毎年続けて値上げした時は一時的に下がっています。

 

しかし、2018年には過去最高の入場者数になっています。

 

つまり、値上げ後に客数も伸びている事になります。

 

 

 

 

値上げと客単価アップの違い

 

 

これは

 

「値段を上げるだけではなく、同時にファン層へ向けたサービスをより強力にしている」

 

という事が言えます。

 

例えば

 

・新しいエリアや新しいアトラクションを増やす

・一時的に客数が減った時におもてなしを手厚くし、それがリピート回数の増加につながる

 

このような事が考えられます。

 

実は、美容室でも全く同じ事が言えます。

 

例えば

 

・今現在利用していただいているお客様の中で、ファン層がどのくらいいるのか

・そのファン層に喜ばれているメニューはどんなものか

 

このように、価格だけを見るのではなく、ファン層に喜ばれるサービスを考えながらのメニュー構築が必要があるという事になります。

 

そして、客単価を上げるというのは、何も”値上げ”に限ったことではありません。

 

ディズニーランドはかなり強気な値上げをしていますが、そのまま美容室に置き換える必要もありません。

 

客単価を上げるのと同時に、リピート率も上げる方法を考える事が、美容室における客単価アップのポイントとなります。

 

顧客ゼロの開業から2年で利益を最大化させた「3つの手順」 & 「明日から実行できる15の行動リスト」を無料プレゼント!

  • 客単価が10000円にとどかず、新規リピート率も50%以下
  • 雇用したスタッフに週休2日あげられない
  • つい、目先の売上を追って営業時間外の予約も受けてしまう
  • 家族との時間を犠牲にしている
  • 現在1人営業でこれからスタッフを雇用したい
  • オーナーを含めて2~3人規模で1人当たりの生産性が60万にとどかない

という方は、LINE@にご登録ください。

顧客ゼロの開業から2年で利益を最大化させた「3つの手順」 & 「明日から実行できる15の行動リスト」を無料プレゼントいたします。